Handicap Yoga 関係ページ

  • Body and Mind Yogaのページ
    ハンディキャップヨガの創始者、峯岸道子氏主宰のヨガスタジオ 通称 BMY in 横浜。ミネギシヨガのエッセンスがぎゅっと詰まってます。
  • HandicapYogaサークル 横浜
    横浜ですっかり定着して活動している障がい児、者の為のヨガ、本家・ハンディキャップヨガのサークル活動の様子はこちらから。
  • ヨガ雑誌・「Yogini」 From Editor
    ヨガ雑誌、ヨギーニのカメラマン 藤村のぞみさんが、ハンディキャップヨガの立ちあげの様子をカメラで追った記録です。後にフォト・ドキュメンタリー「笑顔の未来へ」として書籍化されました。
  • 旬なインフォメーションon Facebook
    Facebookでハンディキャップヨガのインフォメーションをあれこれ掲載しています。全国津々浦々のハンディキャップヨガに関すること、ワークショップ、告知、報告、小ネタなど。「いいね!」で情報をgetしてくださいね!

HCPヨガ関西のFacebook

無料ブログはココログ

« イベント参加者さまの感想集② | トップページ | 6月:ハンディキャップヨガサークル活動のご案内 »

2012.05.30

イベント参加者さまの感想集③

・肢体、介護をしている人のヨガご参加
とっても臨場感のある楽しいご感想をありがとうございました!happy01

「えぇ~ヨガぁ~?お父さん俺一人ちゃうん?恥ずかしいわ」
「●●さんのお父さんも参加するし、そもそも誰もあんたのこと見てないから」
ということで、夫と息子も参加。scissors

ギリギリに会場に着いたので、すごい人。ドキドキしながら会場に入ると
「こんにちは~」
Keikoさんの師、道子先生が息子に挨拶してくれました。ナマ道子先生、とても優しい空気を醸し出していました。

最初は「身体の中の動きを見つめるヨガ」に息子と参加。
ガサガサ動き回る息子をふぅふぅ言いながら私が無理やりポーズを取る・・・。
そんなイメージをしてたけど、優しいサポーターさんが、ずっと付いてくれて息子の介助をしてくれて助かりました。

始まったときは、そわそわして落ち着きがなかったけど
途中で「あれ?」って気づいたんかな? ちょっと緊張した顔に・・・。

じきに慣れたみたいで、最後の方は、笑顔も出て声も出てきて リラックスした表情になり、なんとかポーズを取ることができました。

Image003

※画像は許可をいただいて使用しています。

夫が「お母さん、ご家族の皆さんこそヨガ」に参加してる間、息子と物販スペースをウロウロ。協賛紹介で気になってた足のサポーターを購入。
これは、外反母趾で苦しむマミーにプレゼント。
ノベルティーでいただいた、シールがとってもかわいい(*^_^*)

「よかったら整体やってって~!」ってことで、整体も受けました。

受けてる人が少なかったので、一人の人に肩を揉まれてる間、もう一人の人が腕と足のマッサージ。まるでお姫様みたいで、ちょっと恥ずかしいやら嬉しいやら。

揉まれてる間、退屈なのかバギーから降りてウロウロしてる息子を係りの人が相手してくれて、とても助かりました。

(私の肩、整体師が途中交代するぐらい、かなりカチコチやったみたい。
で、内臓も弱ってるらしい。  まっ、最近、かなりストレス受けてましたからねっ )

初ヨガを受けた夫。
「ヨガって、あーんなポーズ取ったりこーんなポーズ取ったりするんかと思ってたけど全然違うかった。

普段使ってないとこを伸ばしたりするから、キツイなって思ったけど、最後の方はじんわり汗かいてきたし、受けてよかったわ!!整体も気持ちよかったし!!」

ヨガがよかったのか、整体がよかったのかわからんけど
「ヨガやってよかった!!」やから、よかったわ。

今回の目的は「夫と息子にヨガをさせる」だったので、目的は果たせたかな?

息子はどうかわからんけど、夫は確実に気に入った感じ。

素敵な一日を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

« イベント参加者さまの感想集② | トップページ | 6月:ハンディキャップヨガサークル活動のご案内 »

2012.5.20 第1回・ハンディキャップヨガ関西・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1596006/45483969

この記事へのトラックバック一覧です: イベント参加者さまの感想集③:

« イベント参加者さまの感想集② | トップページ | 6月:ハンディキャップヨガサークル活動のご案内 »