Handicap Yoga 関係ページ

  • Body and Mind Yogaのページ
    ハンディキャップヨガの創始者、峯岸道子氏主宰のヨガスタジオ 通称 BMY in 横浜。ミネギシヨガのエッセンスがぎゅっと詰まってます。
  • HandicapYogaサークル 横浜
    横浜ですっかり定着して活動している障がい児、者の為のヨガ、本家・ハンディキャップヨガのサークル活動の様子はこちらから。
  • ヨガ雑誌・「Yogini」 From Editor
    ヨガ雑誌、ヨギーニのカメラマン 藤村のぞみさんが、ハンディキャップヨガの立ちあげの様子をカメラで追った記録です。後にフォト・ドキュメンタリー「笑顔の未来へ」として書籍化されました。
  • 旬なインフォメーションon Facebook
    Facebookでハンディキャップヨガのインフォメーションをあれこれ掲載しています。全国津々浦々のハンディキャップヨガに関すること、ワークショップ、告知、報告、小ネタなど。「いいね!」で情報をgetしてくださいね!

HCPヨガ関西のFacebook


無料ブログはココログ

« 9月ハンディキャップヨガサークル活動・ご案内 | トップページ | 9月ヨガのご感想いただきました »

2012.09.10

報告:9月・終りました

ハンディキャップヨガ・関西は今月で1周年を迎えました。 
いつもレッスンをしてくれる先生方、参加してくださる皆様に感謝いたします

Dsc05604_2

「介護をしている人のヨガ」 ちょっとハンディキャップのある方もご参加です。

ご参加は9名 キャンセル2名

これからもハンディキャップヨガは、ドタキャン、ドタ参 OKです 
やりたい時、思い立った時にいつでもいらして下さいね。

前半はAkari先生によるヨガ
後半はMadoka先生による いろいろお楽しみ・・・

もう成人されていて、ハンディのあるNちゃん。いつもお母様とご参加です。 

心に刺さる出来事があり、非常に気分の up down が激しく、どちらかというとup が 1ヶ月以上続いておられ、夜も眠れない状態だそうで、ご家族もかなり疲れておられます。

心の傷の消化ができていないのです。 会館に来られた時もupな状態が続いていました。

お母様は 「こんな状態で参加しても迷惑をかけちゃう」とおっしゃいますが、受け止めたい。 よきに転ぶかどうかはわからないけれど、ここはハンディキャップヨガ。

参加の皆さんも理解してくれるから・・・と お誘いしました。

ママ達も Nちゃんの手をひいてお部屋に入ってくれたり、話をきいてくれたり。

気分は明るく見える N ちゃんですが、身体は極度に緊張していました。 
首から上をなかなか上げようとされず、目線も合わない。呼吸もなかなか入りません。
これまでのNちゃんと大違いでした。 先生の方も見ない状態でヨガを始めました。

ということで、Madoka先生と 私3人で一緒に。

手をつないで、ポージングをやってみたり、英雄のポーズは まるで 社交ダンスみたい♪

手取り、足取りの形で始めましたが、ご自分で動かれる時も出てきました。
後半、お隣におられたママにも聞こえる程、すーすーと呼吸が入るようになりました。 

少し、リラックス、気分転換、発散になったかな・・・ 
テンションもずいぶんと落ち着きましたよ。

後半は、Madoka先生によるアロママッサージ指導。精油は官能の香り、土の香り、いろいろございましたね w  

Dsc05615

みんな めちゃくちゃ真剣にもみほぐし これは、温まった手で目の疲れを取るべく、目を覆っています! 笑)

ヨガを真剣に頑張った後は、いろいろ冴えるようで、今日は ママ同士の会話が 漫才を聞いている感じもありました。

その後、Madoka先生による poco a poco カードリーディング→ リンク
もともとは親子コミュニケーションの為に開発されたカードなんだそうです。

とっても可愛いパステルカラーで描かれたカード 好きな物2枚を選び、親子の深層心理を読んでみる・・・そんなカンジでしょうか。

Dsc05616

Dsc05618_2

「これ何〜〜?」  「見せてー!」  

カードの裏には メッセージが書かれています。

ちなみに 管理人Keikoのひいたカードはこちら

左が自分に 
右は子ども達の・・・ と 思って

Dsc05620

カードに込められたものは

左:「目をつむってごらん」
深呼吸して、心の鼓動を感じてみよう 静かに深く 自分の中に入って行こう
本当のあなたはなんて言ってる? どんなメッセージが聞こえる?

→ 「まあ、落ち着いて考えろってことやね。」 毒舌ママの解説 

しかもMadoka先生のさらに、追い打ちをかける解説

「この海は 自分が沈んで行っているのか、浮き上がって行っているのか、それは誰にもわからないんです」

 ・・・できれば浮き上がりたいです・・・

右:「勇気をだして」
今だ! 難しく考えることなく、勇気を出してふみだそう。先の先がどんな風になっているのか見えなくたって、新しい世界が待っている。

みんなそれぞれのカードの意味を見せ合いっこしたり、お子さん同士知り合いの方は、お子さんにあてはめて、おおいに盛り上がりましたw

親子ヨガのレッスンのお楽しみの時間などにもよさそうですね。 
Madoka先生、楽しい時間をありがとうございました。

余談

1周年の情熱
その1 
先月はホワイトボードにペンで書きましたが、半紙に筆で書きました 笑)

Dsc05626
「公民館の人も気の利いた事をしてくれるのね!」と思った・・・とのこと 

「書いたのはわたしでーーーす!」笑

情熱
その2 ノベルティみたいなもの
マクロビクッキーと、ハンディキャップヨガ通信 

Img_5602

動物性材料を使わないクッキー (これは昨日、娘に協力してもらって作りました)

お手製新聞
ロゴに登場してる青い鳥 これは 童話の「青い鳥」から選んでみました。
どんな話だったっけ?? って人は ググって下さいね!!

新聞の内容は 「よくある質問」「ヨガ用語」「いつものヨガポーズ」 を ひとつずつ 解説しました 
素人なので知識が浅くてすみません。

この新聞は、週末「日本ZINE!  紙フェスティバル」イベントは終了しましたが → リンク
という 日本中の小冊子、フリーペーパーを集めたイベントに行ってすごく感動し、勢いで私も作ってしまいました・・・
こちらも、ハンディキャップヨガつながりのSatoko先生から教えてもらったものでした。

・・・ こんなのは自分の気持ちってことで 自己満足です・・・

1年前、9名の参加の方と、今日のAkari先生、Madoka先生で始めたハンディキャップヨガ関西。     
今は35名の方が登録していただいています。 先生の卵さんも来て下さるようになりました。 

息を詰めて、そしてある時は息を殺すように 今まで過ごして来たママ達、ご本人・・・そんな時もあったことと思います。

どうぞ ヨガで大きく深呼吸を。
そして 日々に息抜きを。

Yoga for you

道子先生横浜サークルの皆さん にも感謝です。

「もっとヨガやりたい!」のお声を反映して、10月からは月に2回 

12月には、リクエストにおこたえして 指導者養成を大阪か神戸で開催!(詳細は未定)

(3月にも養成講座は香川のRie先生が企画中です!)

12月は道子先生から ワークショップのクリスマスプレゼント!・・・の予定

・・・など 考えております。

これからもどうぞ よろしく!











« 9月ハンディキャップヨガサークル活動・ご案内 | トップページ | 9月ヨガのご感想いただきました »

サークル活動終了報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報告:9月・終りました:

« 9月ハンディキャップヨガサークル活動・ご案内 | トップページ | 9月ヨガのご感想いただきました »