Handicap Yoga 関係ページ

  • Body and Mind Yogaのページ
    ハンディキャップヨガの創始者、峯岸道子氏主宰のヨガスタジオ 通称 BMY in 横浜。ミネギシヨガのエッセンスがぎゅっと詰まってます。
  • HandicapYogaサークル 横浜
    横浜ですっかり定着して活動している障がい児、者の為のヨガ、本家・ハンディキャップヨガのサークル活動の様子はこちらから。
  • ヨガ雑誌・「Yogini」 From Editor
    ヨガ雑誌、ヨギーニのカメラマン 藤村のぞみさんが、ハンディキャップヨガの立ちあげの様子をカメラで追った記録です。後にフォト・ドキュメンタリー「笑顔の未来へ」として書籍化されました。
  • 旬なインフォメーションon Facebook
    Facebookでハンディキャップヨガのインフォメーションをあれこれ掲載しています。全国津々浦々のハンディキャップヨガに関すること、ワークショップ、告知、報告、小ネタなど。「いいね!」で情報をgetしてくださいね!

HCPヨガ関西のFacebook


無料ブログはココログ

« 期待とドキドキ | トップページ | 神戸三宮KIITO ご案内 »

2012.11.22

11月2回目・終りました

本日、11月2回目でした。

久々の和室でした。 なんで和室に戻ったの?? 単に講堂ルームの空きがなかったのです。 また、冬場はお子さんもママも体調を崩される事が多く、比較的参加人数も少なめなので小さめ和室でもOKかな? と・・・思ったところ、9名のご参加で 賑わいました。 

初めての方2名、1名は すでにお子様と、別のヨガスタジオでハンディキャップヨガをなさっています。
スゴイ! いつか子ども達を集めて 一緒にやりたいね♪ という話に・・・新たな企画だね。

さて、 「介護をしている人のクラス」  痛みのある人がたくさん居ます。

膝が痛くて正座ができない、首の筋が痛い、股関節が痛い・・・介護で腰にクルのはわかりますが、股関節を痛める方が多いです。

首の座らないお子さんを横抱きにして、利き足ばかりで踏ん張って立ち上がるせいだろうという話になりました。 

そして ネイリスト・ママの職業病、 肩、背中、首の痛み

Dsc06778

特に腕に関しては ご自分では 上げていると思っておられますが こうして見ると、
かな〜り前方というのがわかりますよね。 

腕が肩より後ろに行かないとのことなのです・・・ 素敵なお仕事ですが、肩周辺にかなり負担のかかるお仕事ですね。

この後、Madoka先生が手を合わせて下さり、その手を押し返す動きをしたり、 頭のほうに持って行ったり、ぐるぐる回したり、可動域を広げて行く動き。肩甲骨も意識します。

峯岸先生は 「腕は背中の真ん中から生えている」とよく言われますが、 腕を背中と胸の延長と意識しました。


最後に伸ばした時には

Dsc06783_3

こーんなに綺麗に伸びた腕・・・指の先までしなやかに・・・。 動きも大切、そして、ここでは身体をイメージすることも、身体の動きと同じ位大切にしています。

この後も ダウンドッグからよつばいでネコのポーズ、そして ねじったネコのポーズと、背中、肩、肩甲骨に働きかけるポーズが続きました。

さて、五つ星のポーズから 三日月のポーズと、 イメージするのも楽しいポーズ。天体系

今日は寒い上に、空調の調子が悪く、部屋が寒い!
でも 皆さん、 帰宅してからも

「身体がぽかぽかしてるよ〜」 と ご感想をいただいております。

初めての方も

「自分の動きで身体がここまで変わるのが実感できて ビックリ!」 とのこと。

みなさん ホントに元気いっぱいで帰られました。 今日は同じく 天体系で太陽礼拝を練習しようかと思いました。年末ですしね。 

でも 辞めた。笑) 今日はどんより曇りで雰囲気がちょっと違いました。(なんか感覚的)

寒さや介護疲れをためないようにしましょう。

大阪からSiho先生がご参加下さいました。 神戸の時もいらして下さったし、先日、リバーサイドヨガでもお会いしました。 嬉しいご縁です。

12月の介護をしている人のヨガは、12/2(日)のイベント→ 詳細はこちら で兼ねようと思っておりましたが・・・

「ここではやらへんの?」とのお声もいただき・・・

ちょっと考えて、もしお部屋がとれそうなら、またご連絡いたします。

今月もありがとうございました♪ 

« 期待とドキドキ | トップページ | 神戸三宮KIITO ご案内 »

サークル活動終了報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月2回目・終りました:

« 期待とドキドキ | トップページ | 神戸三宮KIITO ご案内 »