Handicap Yoga 関係ページ

  • Body and Mind Yogaのページ
    ハンディキャップヨガの創始者、峯岸道子氏主宰のヨガスタジオ 通称 BMY in 横浜。ミネギシヨガのエッセンスがぎゅっと詰まってます。
  • HandicapYogaサークル 横浜
    横浜ですっかり定着して活動している障がい児、者の為のヨガ、本家・ハンディキャップヨガのサークル活動の様子はこちらから。
  • ヨガ雑誌・「Yogini」 From Editor
    ヨガ雑誌、ヨギーニのカメラマン 藤村のぞみさんが、ハンディキャップヨガの立ちあげの様子をカメラで追った記録です。後にフォト・ドキュメンタリー「笑顔の未来へ」として書籍化されました。
  • 旬なインフォメーションon Facebook
    Facebookでハンディキャップヨガのインフォメーションをあれこれ掲載しています。全国津々浦々のハンディキャップヨガに関すること、ワークショップ、告知、報告、小ネタなど。「いいね!」で情報をgetしてくださいね!

HCPヨガ関西のFacebook


無料ブログはココログ

« ハンディキャップヨガ指導者養成講座in倉敷のお知らせ | トップページ | 2月2回目終りました  »

2013.02.23

父母の会 親睦会でハンディキャップヨガ

昨年に引き続き、市の肢体不自由児父母の会の親睦会でハンディキャップヨガを20分

ヨガは 明石の「ほっこりヨガ」主宰のMadoka先生  いつも介護ママのヨガに来てもらっていて、優しいヨガが大人気の先生です。
そして、サポートに神戸のTomoka先生とお友達の先生も来て下さいました。

Dsc09369

参加者さんは 0歳児から80歳
参加者さんの兄弟姉妹児から もう成年の障がいのある方の親御さん。 この幅広い年齢層。 サポーター、2名= ほぼ無し! 
健常児から重度心身重複の方まで

時間は20分  考えただけでもむずかしいでしょう

Dsc09476

静かな動きはホントにスムーズです。

今年は昨年とまた ちょっと切り口を代えてみてやってみました

スタンドマイクを使ったり

椅子ヨガという概念で行ったり 

いつも介護ママのクラスにきてくれてるYさんを デモで椅子上で動いてもらったり

「こーんな風に 身体を預けてみましょう♪」の 図。 たのしかったですよ

Dsc09493_2

親御さんがお子さんのポーズをとらなくていいよ という流れにしてみたり

後半にペアヨガを取り入れたり

お年を召した親御さんが 一生懸命 やってくれているこの画像を見て じーんとしました。


Dsc09502

まだ 養護学校が無かった時代に、この養護学校を立ち上げて来た方々なんです。

養護学校を卒業後は、行き先が無いからということで、今度は卒業後の通所施設を作り・・・ と、なみなみならぬ苦労があったそうです。

イベントは 何回やっても 「今日は100点!」 と思える時はありません

逆に、毎回 課題が見えるものです

「峯岸先生が近くに居てくれたら〜〜」と思うこともしょっちゅう

でも Madoka先生が 

「峯岸先生が遠くだからこそ、自分たちで必死でやるんだと思いますよ!」

と。

養成講座の時と違う難しさがありますが、これが障がいの世界の現実で、また、ヨガが必要とされている場なのだと思います。

ご参加、サポート ありがとうございました♪ 

« ハンディキャップヨガ指導者養成講座in倉敷のお知らせ | トップページ | 2月2回目終りました  »

他 イベントやワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父母の会 親睦会でハンディキャップヨガ:

« ハンディキャップヨガ指導者養成講座in倉敷のお知らせ | トップページ | 2月2回目終りました  »