Handicap Yoga 関係ページ

  • Body and Mind Yogaのページ
    ハンディキャップヨガの創始者、峯岸道子氏主宰のヨガスタジオ 通称 BMY in 横浜。ミネギシヨガのエッセンスがぎゅっと詰まってます。
  • HandicapYogaサークル 横浜
    横浜ですっかり定着して活動している障がい児、者の為のヨガ、本家・ハンディキャップヨガのサークル活動の様子はこちらから。
  • ヨガ雑誌・「Yogini」 From Editor
    ヨガ雑誌、ヨギーニのカメラマン 藤村のぞみさんが、ハンディキャップヨガの立ちあげの様子をカメラで追った記録です。後にフォト・ドキュメンタリー「笑顔の未来へ」として書籍化されました。
  • 旬なインフォメーションon Facebook
    Facebookでハンディキャップヨガのインフォメーションをあれこれ掲載しています。全国津々浦々のハンディキャップヨガに関すること、ワークショップ、告知、報告、小ネタなど。「いいね!」で情報をgetしてくださいね!

HCPヨガ関西のFacebook

無料ブログはココログ

« 夏の特別支援学校教師研修会 | トップページ | 5月終りました »

2013.05.19

H保育園 発達のお子さんの会ヨガ

10年前は、まだ今ほど、障がい児に世間は優しくありませんでした。 面接に行った幼稚園、保育園では全部お断りされました。

「おむつが取れないと幼稚園は無理ですよ」
「保育園は共働きのご家庭のものです。お母さんは働いていますか?」

毎日、息子と療育に母子で通園、他の日も通院や訓練に行く母親がどうやって働けというのでしょう。 
社会から私達親子は 落ちこぼれだと言われているようで本当に辛く、息子を抱っこして、年子の娘を背中におんぶして、市役所や面接の幼稚園から泣いて帰って来ていました。

創立時からインクルーシブ教育(健常児と障がい児を隔てずに保育する)をしてきた保育園さんに出会い、うちの息子も10年前、お世話になり、療育園では得られない体験を日々、させてもらいました。  こちらでは在園児から卒園して成人のお子さんの家族が会員で、今日も1歳〜26歳のお子さんのママがお集りでした。

Dsc01124

保育園のサンルーム

南向きで木々の緑が優しい とても素敵なお部屋。 パパ様が2名ご参加でした。

発達のお子さんのヨガを・・・ということで お話をいただいたのですが、 親御さんが全員がヨガって初めて! とのことで ご自分が体験してみたいというお声があがったので 体験会となりました。

今日はAya先生と Mihaya先生。 素敵なヨガの時間にして下さいました。

静かなヨガをベースに、途中から ペアヨガ、そしてまた静かなヨガの時間へと。

Dsc01131


ヨガ後は、質疑応答

「呼吸の大切さはわかったけど 日常でどう意識していったらいいのかな?」

「ストレッチとは どう違うの?」

「いろいろな流派ややり方があるの?」

命がけでお子さんを産んだママさん。
その時の後遺症を今もひきづっておられます。
ずっと鍼灸を受けているのだそうですが、ヨガの後は鍼灸の後のようにスッキリしたとのこと。 鍼灸でも、針を打った後、呼吸を入れている時と入れていない時は感度が違うそうですよ。

4

身体に優しい食材、お米、大豆、作業所さんが作ったケーキやクッキーも販売しています。
なんか、ヨガと相まって、フェスティバルみたいだよね 笑)

Dsc01127

今は保育園の事業から、ヘルパー事業や、障がいのある子ども達の放課後の居場所作り、アートスペースで作った作品の商品化など、一歩一歩、長い時間をかけて歩んでおられます。

ハンディキャップヨガも 始めからこういう形ありき・・・ではなくて、お互いでいいヨガの場の提供ができるように、進んだら・・・と気付かせてもらいました。

« 夏の特別支援学校教師研修会 | トップページ | 5月終りました »

施設などのヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1596006/51691889

この記事へのトラックバック一覧です: H保育園 発達のお子さんの会ヨガ:

« 夏の特別支援学校教師研修会 | トップページ | 5月終りました »