Handicap Yoga 関係ページ

  • Body and Mind Yogaのページ
    ハンディキャップヨガの創始者、峯岸道子氏主宰のヨガスタジオ 通称 BMY in 横浜。ミネギシヨガのエッセンスがぎゅっと詰まってます。
  • HandicapYogaサークル 横浜
    横浜ですっかり定着して活動している障がい児、者の為のヨガ、本家・ハンディキャップヨガのサークル活動の様子はこちらから。
  • ヨガ雑誌・「Yogini」 From Editor
    ヨガ雑誌、ヨギーニのカメラマン 藤村のぞみさんが、ハンディキャップヨガの立ちあげの様子をカメラで追った記録です。後にフォト・ドキュメンタリー「笑顔の未来へ」として書籍化されました。
  • 旬なインフォメーションon Facebook
    Facebookでハンディキャップヨガのインフォメーションをあれこれ掲載しています。全国津々浦々のハンディキャップヨガに関すること、ワークショップ、告知、報告、小ネタなど。「いいね!」で情報をgetしてくださいね!

HCPヨガ関西のFacebook

無料ブログはココログ

« ヨガフェスタ2013 | トップページ | 6月終りました »

2013.06.09

第3回W園ヨガ/肢体不自由者施設のヨガ

大阪の肢体不自由者の入所施設さんでのヨガです。 先月は参加者さんが25名ほどおられて、ごったがえしていたのですが、 職員さんも

「もっと ゆったり、ヨガを感じてみたいよね・・・」 ということで、参加者さんを絞って 

・床の上 6名  台の上1名 車椅子で参加3名  見学4名

ほどの小人数制で臨んで下さいました。 

こちらは

・レッスン担当(リーダー)1名 サポーター4名 職員さんのサポート5名 計10名という体制でした。

今日は初めてサポーターに参加するという方も居られたので、事前に1時間、みっちりと打合せをしました。 レッスンプランは全員で共有してどんな形でサポートをするかも打合せ。でも、どんどんプランと変わる、臨機応変も必要です。

Dsc014151

このシーンは「肩甲骨を意識してみる」 というシーンです。 

肩甲骨といえば峯岸先生!

障がい者も健常者も関係なく、肩甲骨の重要性を感じるレッスンとなったわけです・・・。

サポーターの中でも

「先生の肩甲骨ヨガを受けててよかった」

「受けたいけどまだ受けてないのよ〜〜」 と 話題です。笑) → リンク 

ヨガっていろいろと応用ができますね。

Dsc01462_2

職員さんが サポートしているところです。車椅子の方が

「あ〜〜〜 ラクやわぁ〜〜」 とおっしゃっていました。 

すぐに反応をお聞きできるのはありがたいですね。

皆さん 姿勢がきりっと美しくなりました。 

また1ヶ月後まで、 できることは、自分たちでやるという約束をして終りました。

他にも 腹式呼吸だとか、指のヨガとか いろいろなことをしましたよ!

最後に かなり体の緊張の強い脳性麻痺の方が感想として

「体の中からエネルギーが沸いてきました」 

と 単語のひとつひとつ、声を絞り出して感想を述べて下さいました。 

「名言や〜〜〜!」 と 皆の声。笑)

途中で、気持ちよくて うとうとの人も。

ヨガが終ってから必ず30分ほどミーティングを行うのですが、その中で

職員さんは 「やればやるほど、納得というか 楽しくなってきました!」 

とのこと。

また来月ね。 と お別れました。

指導者の皆さん、お疲れさまでした、きめ細かいアプローチをありがとうございました!!

« ヨガフェスタ2013 | トップページ | 6月終りました »

施設などのヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1596006/51976696

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回W園ヨガ/肢体不自由者施設のヨガ:

« ヨガフェスタ2013 | トップページ | 6月終りました »